安茂運営サイトの情報Blog

++[backyard]++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グアドサラム(異界)

屋敷を出ると、メンバーが悩むユウナの元に集まっています。
ユウナがすぐ答えを出せずにいるのは、自分の意に沿わない結婚であってもスピラ住民に明るい話題を提供できるから。老師と人気召喚士が結婚するのは、人気アイドル同士が結婚するようなものですからね(笑)。

納得いかないのは、もちろんティーダ。リュックに「やきもち?」とからかわれ、「違うって!」と否定しますが……声があきらかに不機嫌になってます。

結局、この場では答えが出ずに、ユウナの希望で異界へ。

異界へ行こうとすると、異界の入り口付近でアーロンが座っています。なんとなく疲れてるような様子。ティーダが声をかけると「異界は気に食わん」とここで待機。もっと、せっぱ詰まってる理由がありそうだけど、本当のところは不明。
後からきたリュックも「思い出は優しいから、甘えちゃダメなの!」と居残りを宣言。

異界では仲間たちはそれぞれ「思い出の人」を呼んでいます。
ワッカが呼ぶのは弟チャップ。異界に姿を現すのは「死んだ人」なので、ワッカもやっとチャップの死を受け入れることができたようです。
このイベントを見ると、ワッカにもらったフラタニティが大幅にパワーアップ。

ルールーもまた、ワッカと同じように「思い出」に変えることができたようです。
ティーダが「ワッカとつきあってみたら?」と提案すると、不機嫌な声になるルールー……そりゃアンタ、答えてるよーなもんだってば(笑)。
そして、一番ティーダが気になっていたユウナは結婚はしないことに決めたようです。
途端に明るくなるティーダ。リュックにからかわれた時といい、ティーダも十分「わかりやすい」タイプです。

シーモアの所に行く前にと、ユウナはティーダにジェクトを呼ぶことを提案。
ジェクトは死んでいますが『シン』であるため出現せず。

ユウナとジェクトの事を話すうちに、ティーダの母親の幻が出現します。
異界送りされてなくても、生きているうちから死を受け入れていれば異界へ行くことができるとユウナが説明。ティーダの声は完全に泣き声。そりゃそうだ。

しかし、「ジェクトが嫌いな理由」に自ら気がついたことで、ティーダは精神的に大きく成長。
このイベント後、ティーダは「だいっきらいなジェクト」の話をしなくなります。

ティーダがジェクトを嫌う原因であったティーダの母親は、「自分が親である」という自覚があまりにも弱い気がします。

自分のすぐそばで子供が呼んでる時は、まず子供の方を向く事が大事。どうしても手が離せない時は、子供の顔を見て「待っててね」と言うべきだと思うのです。
どんな状態で母親が死んだのかはわかりませんが、「生きているうちから死を受け入れてた」ってのもねえ……まだ小さい子供の行く末は心配じゃないのかい?
まあ……精神年齢が低いまんま、親になっちゃったのかもしれない。子供が子供を産んじゃったってやつですね。

ティーダの回想シーンでは、まだ「若い」アーロンも出ています。
若いと言ってもジェクトのスフィアで出てくる若アーロンではなくて、見かけは今のアーロンの格好で中身と声が若い。ティーダ母が死ぬのは9年前なので、アーロン26歳ってことになるのかな。
セリフに「経験の浅さ」が出ていて、現在のアーロンが経験によって成長した姿であることがわかります。

さて、異界の入り口まで戻ってくると、ユウナたちの後でグアド族が騒いでいます。(このグアド、一体どこにいたんだろう?)
異界の境界になにやら人影が。グアドによると最近死んだはずのジスカル=グアド老師。
アーロンに促され、ユウナは異界送りのためジスカルの元へ。

ここでアーロンに異変。突然苦しそうに座り込む幻光虫つきアーロン。他のメンバーはジスカルに気を取られているので、気がついているのはプレイヤーのみ。
でもこれ、ユウナが異界送りする前なんですよね。だとすると異界送り以外の原因である可能性が高いです。
ジスカルの出現によって場になんらかの変化がおきた、って解釈するほうがいいのかな。もっとも、グアドサラムの異界そのものがアーロンにとって居心地が悪い場所のようですけど。

異界送りで消える直前、ジスカルの懐からスフィアがぽろっと落ちます。
スフィアに気がついたのはユウナだけ。ユウナはこっそりお持ち帰り。

戻りの参拝路では「異界送りされても、死人として残ることがあるらしい」とルールーが説明。
「反則だよねえ、それ」と誰かさんにとっては結構キツイと思われる感想をリュックは漏らします。
(私がアーリュ書く上で「リュックはアーロンが死人だと気がついてない」と設定するのは、このセリフがあるから)

「まともな死に方をしなかったということだな」とアーロン。これはそのまんま、アーロン自身にも向けられたセリフ。
こういった「アーロン自身にも向けられたアーロンのセリフ」ってのは、シナリオのあちこちで出てきますね。

ユウナがシーモアの屋敷に入っている間、ティーダはルールーとおしゃべり。
がんばればリュックと話すことができるんですが、普通にやってるとルールーが相手になりますね。

話す内容はユウナの結婚について。
ティーダに「この結婚は『シン』を倒すことと同じ」と説明してくれます。
ルールーの本音は「ユウナが結婚するなら好きな人と」と思っています。しかし究極召喚の結末を知っているため「本当にそうなったら反対する」と考えています。……ルールーは「好きな人」との別れを経験してますからね。

結局、ユウナはシーモアとは会えず……って、おい。
わかっちゃいるけど、失礼なやっちゃ。

スポンサーサイト
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. 2005/04/17(日) 11:57:00|
  2. Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雷平原 | HOME | グアドサラム(シーモアの屋敷)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nog.blog15.fc2.com/tb.php/292-b1c15a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Profile

このブログへのコメント、トラックバック、リンクはご自由にどうぞ。
ただし、宣伝目的のみであると管理人が判断したコメントや記事と関連がないトラックバックは削除させていただきます。ご了承下さい。


ランキング参加してみました♪


Update news

2008/08/29
FF10ファンサイト

◆Fanfiction
Novel内「もう一人の「彼」 1」
修正&再掲載しました。

2007/01/07
シムピープルサイト

Buyable Skin 更新。

2006/04/01
web素材(FF)

武器のイラストとアイコン。

Entries

Category

Comments

Trackbacks

Monthly

Bookmark(Blog)

◆応援中◆
BearTrack
[BLOG]行くぞ年4回、大好きなニューメキシコ州へ!

Affiliate




ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第2弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ 第2弾
1BOX 2,420円 (税込 送料別)
2008年4月発売予定


ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第1弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ
1BOX 2,335円 (税込 送料別)


ファイナルファンタジー メカニカルアーツ コンチネンタルサーカス 完成品(予約)
FF10の飛空艇フィギュア
この商品のレビュー記事はこちら



プレイアーツアーロン、キター!!
この商品のレビュー記事はこちら
関連記事一覧


ファイナルファンタジーX-2 プレイアーツ no.2 Rikku リュック US版
海外版なら、まだ入手可能。
…って、なにこの14,000円!?
この商品のレビュー記事はこちら

【インディアンジュエリー】

・Four Corners
・SILVER501
・ガウチョ
・サンタフェスタイル
・BLUE CORN
・Country
・ターコイズCOLLECTION
・インディアンジュエリーKC,s
・SUPER SMITH
・H&H TRADING
・インディアンジュエリー ミツボ
・TENORI STONES

【ガムランボール】

・ストラップヤ!
・ANGKASA
・アンジュドール
・ナムチェバザール
・ブルーミンカフェ
・AJARA

BlogPet

Notes

My Livly

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関する著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係ありません。

Search

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。