安茂運営サイトの情報Blog

++[backyard]++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルベドホーム

広い砂漠を抜けてアルベドホームに到着。
しかし、アルベドホームはたくさんの魔物に襲われている状態。

リュックは単身でホームに向かいます。
もちろん「仲間が行ったらほっとけない」ってことで、他のメンバーもリュックに続きます。


ホームの中は魔物だらけ。
傷を負った仲間は「エボン…グアド…」とリュックに伝え息を引き取ります。

このアルベド族は"ケヤック"って名前なんですけど、シド親子とどーいう関係なんだろ?
リュックは真っ先にケヤックの所に駆け寄るし、父親のシドもケヤックにだけは丁寧に黙祷してます。
なにも説明されてないから、最後まで謎のままなんですけどね。

ちなみにこのケヤックの死体からは、ハイポーション×2が取れます。
ありがたく使わせていただきますね(合掌)。


宝箱を探しつつ召喚士の部屋を目指してホームの中を進むみます。

さしものワッカもホーム内の惨状を見て憤りを感じたようです。
「教え」を真剣に信じている人は、基本的に「いい人」が多いと思います。
ただ、知らない事が多いだけ。

途中アルベド族が召喚士を保護しているという話に。
ワッカはアルベド族の行動に理解できる部分があることを素直に認めます。
反対にアルベド族の行動を理解できないのがティーダ。「召喚士の結末」を知らないから。

「ガードが守れば召喚士は死なないって!」というティーダのセリフに仲間はなにも答えません。
ティーダもおそらく「召喚士の結末」を、仲間の雰囲気で察したんじゃないかな。

召喚士の部屋に入ると、アルベド族に保護されたドナとイサールがいます。
二人は「ユウナはここにいない」ことと「召喚士を守るためにアルベド族が犠牲になった」と語ります。
つまり、アルベドホームを襲ったグアド族は「召喚士の抹殺」も目的だったことがわかります。

とうとうリュックは、堰を切ったように「究極召喚をしたらユウナは死んじゃうんだよ!」と叫びます。


ティーダ:「知らなかったのオレだけかよ!」


もちろん、知らないのはティーダだけです。

この場面、実は少し前に似た場面があるんです。
マカラーニャ湖でリュックがアルベド族だとバレた時と、よく似てるんですね。
知らなかったのはワッカで、他の仲間は「ワッカが怒るから」黙ってた。

あの時と大きく違うのは黙っていた理由。
ユウナの結末は「自分で言葉にするのが怖かった」から黙っていたとルールーは語ります。「結果を考える」ことから逃避して、旅をしていたのかもしれないですね。つらいから。

ティーダはユウナにとってつらい事を話していたことに気がつき、自分を責めます。
ユウナはつらいはずなのに「笑ってた」……と。

……なんとなくですが。
もちろんユウナはつらかっただろうけど、救われてる部分もあったと思うんですよ。
ティーダの「倒した後の話」はユウナが生きてる「倒した後の話」だから。ユウナにとってティーダの「倒した後の話」は、幸せな「夢」だったんじゃないかな。

自分を責め続けるティーダを召喚獣は憐れむように見下ろします。
召喚獣にも感情らしいものがあるのかもしれないですね。召喚獣そのものではなく、「召喚獣の夢」を見ている祈り子の感情かもしれないけど。

やがて、ティーダは決意をあらたに立ち上がります。
ユウナを助けるために。


スポンサーサイト
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. 2005/04/21(木) 13:04:00|
  2. Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飛空挺(アルベドホーム脱出時) | HOME | プレイ日記ばかりですみません>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nog.blog15.fc2.com/tb.php/300-7aad0a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Profile

このブログへのコメント、トラックバック、リンクはご自由にどうぞ。
ただし、宣伝目的のみであると管理人が判断したコメントや記事と関連がないトラックバックは削除させていただきます。ご了承下さい。


ランキング参加してみました♪


Update news

2008/08/29
FF10ファンサイト

◆Fanfiction
Novel内「もう一人の「彼」 1」
修正&再掲載しました。

2007/01/07
シムピープルサイト

Buyable Skin 更新。

2006/04/01
web素材(FF)

武器のイラストとアイコン。

Entries

Category

Comments

Trackbacks

Monthly

Bookmark(Blog)

◆応援中◆
BearTrack
[BLOG]行くぞ年4回、大好きなニューメキシコ州へ!

Affiliate




ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第2弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ 第2弾
1BOX 2,420円 (税込 送料別)
2008年4月発売予定


ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第1弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ
1BOX 2,335円 (税込 送料別)


ファイナルファンタジー メカニカルアーツ コンチネンタルサーカス 完成品(予約)
FF10の飛空艇フィギュア
この商品のレビュー記事はこちら



プレイアーツアーロン、キター!!
この商品のレビュー記事はこちら
関連記事一覧


ファイナルファンタジーX-2 プレイアーツ no.2 Rikku リュック US版
海外版なら、まだ入手可能。
…って、なにこの14,000円!?
この商品のレビュー記事はこちら

【インディアンジュエリー】

・Four Corners
・SILVER501
・ガウチョ
・サンタフェスタイル
・BLUE CORN
・Country
・ターコイズCOLLECTION
・インディアンジュエリーKC,s
・SUPER SMITH
・H&H TRADING
・インディアンジュエリー ミツボ
・TENORI STONES

【ガムランボール】

・ストラップヤ!
・ANGKASA
・アンジュドール
・ナムチェバザール
・ブルーミンカフェ
・AJARA

BlogPet

Notes

My Livly

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関する著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係ありません。

Search

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。