安茂運営サイトの情報Blog

++[backyard]++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナギ平原

一晩マカラーニャの森で野営し、ナギ平原へ。
町や店があるのは、このナギ平原まで。ここから先は荒野を進む旅となり、道を見失う召喚士も多いとのこと。

道を見失う理由はいくらでもあるでしょう。
究極召喚をする場所=自分の死に場所を見ることになるし。

自分とガード以外の人に会わないってのも、理由の一つだと思います。
町や店があれば当たり前ですが人がいます。人目があることで先に進める事ってあると思うんですよ。励まされたり応援されたりってのもあるし、逆に監視されてるように感じて進まざるを得ないってこともあります。

人目がなくなると自分自身との戦いになりますので、少しでも迷いがあると前へ進むのが難しいでしょうね。「なんで自分が死ななきゃならないんだろう」と思うのが普通ですから。
……ユウナはもう「迷わない」でしょうけど。

しばらく歩くと、期間限定のお店がありますが無視。武器、防具を買うのは最後の手段の予定です。(「ほかく」だけは例外)

旅行公司に向かってあるくと、またまたベルゲミーネと召喚士バトル。
ベルゲミーネの強化シヴァ相手にバハムートを出して勝利。

ナギの旅行公司にたどり着くと、一人の僧官が訪ねてきます。
ルールーとワッカが半年前にガードした、召喚士ズークです。
ズークはユウナたちがキノック老師を殺害したことになって処刑宣告が出されたこと、ケルク=ロンゾ老師が辞任したことなど、ベベルの情報をユウナたちに教えてくれます。

この行動はズークにとって危険な行為なはずです。反逆者に協力した者も反逆者ですからね。(後でわかることですが、23代目オオアカも「反逆者」に協力した罪で投獄されています)
ルールーやワッカとの関係がどんなものかはわかりませんが、とても深いものであることが想像できます。

旅行公司ではメンバーと話ができます。
内容は昔のことやこれからのことなど様々。

ガガゼト山はキマリの故郷ですが、キマリには家族がいないようです。
ワッカは「(チャップが死んできつい時だったから)ズークが旅をやめた時はほっとした」と告白します。

ルールーはガードとしての旅が3度目であり、「ここ」を超えたことがないと言います。
細かいことですが「「ここ」を超えたことがない」に注目。正確にはナギ平原を抜けて盗まれた祈り子の洞窟までは行っているので、ルールーの「できれば語りたくない」気持ちがセリフに出ているような気がします。召喚士の結末を言葉にできなかった事もありますし、意外と「逃避」してしまう性格なのかも。

アーロンの話は個人的なものではなくスピラ全体の事について。マイカとシーモアの利害は一致してないから、エボン寺院が荒れるだろうと予想。毎度のことですが、アーロンの予想は的中します。(実は智将や参謀タイプ?)

リュックはティーダと一緒にユウナを助ける方法を考えはじめます。
ちょっと注目なのは、アーロンの立ち位置が二人が相談する位置に近いこと。
考えすぎかもしれませんが、ガガゼト山・山門での「どうやってブラスカを死なせないようにするか考えていた」というアーロンのセリフの伏線のようにも思えます。

ユウナは「割り切るのは難しい」とティーダにこぼします。ティーダは「キツいときはグチっちゃえ」と勧めます。
その後、ユウナちゃんのものまねコーナー。アーロンの口調で『他人は関係ない』(笑)。
伝説のガードをネタにできるほど、気持ちに余裕ができたようですね。

店の奥にはアルベド族がいて、ベベル宮突入後の話が聞けます。
ベベル宮に突入した後、飛空挺はナギ平原に降りて召喚士を降ろしています。(このことは浄罪の路出口前にいたイサールの話でもわかります)
飛空挺は故障したらしく、「修理終わるまでユウナを守れ」とはシドの弁。

さて、店を出たら次の目的はチョコボ。
ナギは平原は広いので、歩いて行動していると必要以上にAPが稼げてしまいます。どのあたりでスフィア盤を回りきるかも知りたいので、バトルを避けられるチョコボは必須です。(寄り道してバトルすると想定されたレベルより強くなるらしいので…)
てことで、チョコボゲット。

チョコボに乗ったら、あとはナギ平原をぐるっとまわって宝箱回収。レミアム寺院に行って「くもった鏡」をゲット。モンスター訓練所では「ほかく」武器を購入。(「ほかく」は買う以外に方法がないので…)

そして、そのままナギ平原を後にしました。

スポンサーサイト
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. 2005/04/25(月) 14:45:00|
  2. Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガガゼト山(山門) | HOME | マカラーニャの森(聖なる泉)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nog.blog15.fc2.com/tb.php/309-e93cae81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Profile

このブログへのコメント、トラックバック、リンクはご自由にどうぞ。
ただし、宣伝目的のみであると管理人が判断したコメントや記事と関連がないトラックバックは削除させていただきます。ご了承下さい。


ランキング参加してみました♪


Update news

2008/08/29
FF10ファンサイト

◆Fanfiction
Novel内「もう一人の「彼」 1」
修正&再掲載しました。

2007/01/07
シムピープルサイト

Buyable Skin 更新。

2006/04/01
web素材(FF)

武器のイラストとアイコン。

Entries

Category

Comments

Trackbacks

Monthly

Bookmark(Blog)

◆応援中◆
BearTrack
[BLOG]行くぞ年4回、大好きなニューメキシコ州へ!

Affiliate




ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第2弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ 第2弾
1BOX 2,420円 (税込 送料別)
2008年4月発売予定


ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第1弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ
1BOX 2,335円 (税込 送料別)


ファイナルファンタジー メカニカルアーツ コンチネンタルサーカス 完成品(予約)
FF10の飛空艇フィギュア
この商品のレビュー記事はこちら



プレイアーツアーロン、キター!!
この商品のレビュー記事はこちら
関連記事一覧


ファイナルファンタジーX-2 プレイアーツ no.2 Rikku リュック US版
海外版なら、まだ入手可能。
…って、なにこの14,000円!?
この商品のレビュー記事はこちら

【インディアンジュエリー】

・Four Corners
・SILVER501
・ガウチョ
・サンタフェスタイル
・BLUE CORN
・Country
・ターコイズCOLLECTION
・インディアンジュエリーKC,s
・SUPER SMITH
・H&H TRADING
・インディアンジュエリー ミツボ
・TENORI STONES

【ガムランボール】

・ストラップヤ!
・ANGKASA
・アンジュドール
・ナムチェバザール
・ブルーミンカフェ
・AJARA

BlogPet

Notes

My Livly

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関する著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係ありません。

Search

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。