安茂運営サイトの情報Blog

++[backyard]++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エボン・ドーム(ユウナレスカ戦後)

ティーダたちに倒されたユウナレスカは、幻光虫となって分解しはじめます。
方法はどうあれ、本人なりにスピラの存続を真剣に考えていたようです。ただ「自分がいいと思っている事は、全ての人にとってもいい事」と思っているので、結果的に多くの人々を苦しめることになってしまったんでしょう。

「エボン=ジュが新たな『シン』を生み出す」と謎を残して、ユウナレスカ消滅。
ユウナレスカとしては「なんてことしてくれたんや、ワレ!」ってことなんでしょうけど、しっかりと『シン』を倒すヒントになっています(笑)。

祈り子の間へ戻ると、鮮やかだった部屋が急に古びた薄暗い雰囲気になります。ユウナレスカが消滅したため、本来の状態に戻ったのでしょう。

仲間たちが外へと出て行く中で、アーロンだけが残ります。

アーロンは自分が「死人」であることをティーダに告げます。
ユウナレスカとの対峙で深傷を負い、ベベルの手前でキマリにユウナを託して死亡して「死人」へと変化。ちなみに右目の傷はその時のもの。

「そんな顔をするな。こういう体で得したこともある」……ってポリゴンだからよくわかんないんですけど、ティーダの声からすると泣きそうな顔だったのかなと。

死人になってまでもアーロンがティーダを見守ったのは、ジェクトとの約束だったから。
どんな約束だったかは、アーロン自身の記憶を幻で見せてくれます。(エボン・ドーム自体がスフィアのようなもの)

この場面でなんとなく思ったのは、「死人」ってのは自分の思い通りに幻光虫を制御できるんだなーと。

幻光虫ってのは本当は目に見えないほど小さなもので、集まった時にやっと光を放って虫が飛んでるように見えるって設定。それまでは光ってなかったのに記憶を見せようとした時アーロンの手元が光りだしたので、アーロンの力によって幻光虫が集められたってことになります。現場にいる幻光虫か体内の幻光虫かはわかりませんけど。
しかも「記憶」なんてものを幻光虫を使って映像化させることができるので、死人ってのは生者よりもかなり能力が高いんじゃないかなあって思います。

話を元に戻して、アーロンの記憶です。

おそらくは、祈り子になるためにユウナレスカの元へ向かう直前だと思います。
ジェクトは「泣き虫の息子(ザナルカンド在住)をたのむ」とアーロンに頼みます。
当然ながらアーロンはとまどいますが、ジェクトの「『無限の可能性』ってヤツでなんとかしてみろよ」との言葉でうなずきます。


アーロン: あんたの息子は俺が守る。死んでも……守ってやる。


思いっきり「有言実行」したわけです。……というか、死ななきゃ守れなかったわけですから、「運命の歯車」ってやつでしょうね。

アーロンの記憶鑑賞をしてから、ドームの外へ。
外はすっかり明るくなっています。ドーム内に入ったときは星空だったので、徹夜で戦闘してたってことですね(笑)。

そんでもって、いきなり『シン』と遭遇。
でも、攻撃的な印象ではなく、犬(笑)が主人の帰りを待ってるような感じ。
ティーダの「もう少し待っててくれよな」という言葉を理解したように、『シン』は静かにその場を去ります。中身はジェクトなんだな~と思い知らされる場面。

入れ替わりに飛空挺が到着。
『シン』とすれ違う場面がカッコイイ♪

てことで、FF10の折り返し地点をすぎました。
……きっと、戦闘で大変なのはこれからです(汗)。

スポンサーサイト
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. 2005/05/03(火) 12:22:00|
  2. Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飛空挺(ユウナレスカ戦直後) | HOME | エボン・ドーム(ユウナレスカ戦まで)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nog.blog15.fc2.com/tb.php/319-af52b088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Profile

このブログへのコメント、トラックバック、リンクはご自由にどうぞ。
ただし、宣伝目的のみであると管理人が判断したコメントや記事と関連がないトラックバックは削除させていただきます。ご了承下さい。


ランキング参加してみました♪


Update news

2008/08/29
FF10ファンサイト

◆Fanfiction
Novel内「もう一人の「彼」 1」
修正&再掲載しました。

2007/01/07
シムピープルサイト

Buyable Skin 更新。

2006/04/01
web素材(FF)

武器のイラストとアイコン。

Entries

Category

Comments

Trackbacks

Monthly

Bookmark(Blog)

◆応援中◆
BearTrack
[BLOG]行くぞ年4回、大好きなニューメキシコ州へ!

Affiliate




ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第2弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ 第2弾
1BOX 2,420円 (税込 送料別)
2008年4月発売予定


ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第1弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ
1BOX 2,335円 (税込 送料別)


ファイナルファンタジー メカニカルアーツ コンチネンタルサーカス 完成品(予約)
FF10の飛空艇フィギュア
この商品のレビュー記事はこちら



プレイアーツアーロン、キター!!
この商品のレビュー記事はこちら
関連記事一覧


ファイナルファンタジーX-2 プレイアーツ no.2 Rikku リュック US版
海外版なら、まだ入手可能。
…って、なにこの14,000円!?
この商品のレビュー記事はこちら

【インディアンジュエリー】

・Four Corners
・SILVER501
・ガウチョ
・サンタフェスタイル
・BLUE CORN
・Country
・ターコイズCOLLECTION
・インディアンジュエリーKC,s
・SUPER SMITH
・H&H TRADING
・インディアンジュエリー ミツボ
・TENORI STONES

【ガムランボール】

・ストラップヤ!
・ANGKASA
・アンジュドール
・ナムチェバザール
・ブルーミンカフェ
・AJARA

BlogPet

Notes

My Livly

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関する著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係ありません。

Search

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。