安茂運営サイトの情報Blog

++[backyard]++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バハムートの祈り子の間~飛空挺(ワッカの謝罪)

逃げたマイカの代わりに現れたのが、バハムートの祈り子。
ユウナとティーダに「祈り子の間へ来てくれ」と呼びます。
祈り子の姿や声は、ワッカにはわからない様子。たぶん、他のメンバーもわからないと思います。(アーロンは見えてるかも)

「祈り子様に会ってきます」というユウナに、アーロンは何かを察したように笑います。
二次小説でもネタにしましたが、バハムートの祈り子とアーロンが知り合いであるって可能性はあると思います。ティーダの前に姿を見せていたって事は、自然とアーロンも見かけることになりますし。

祈り子の間へ行くと、バハムートの祈り子が待っています。
バハムートの祈り子は詳しく『シン』とエボン=ジュの関係を教えてくれます。


┌─→─┐
│     ↓
↑  究極召喚で『シン』を倒す。
モ     ↓
ド  むき出しになったエボン=ジュが究極召喚獣に乗り移る。
ル     ↓
↑  エボン=ジュが究極召喚獣を『シン』に造りかえる。
│     ↓
│  新しい『シン』の誕生。
│     ↓
└─←─┘

要するに『シン』内部にいるエボン=ジュを叩かないとダメってことですね。で、祈り子曰く「剣や魔法では倒せない」から、決戦の時は呼んでくれと。

実は何度もエンディングを見た後でも、なんで「剣や魔法では倒せない」のかよくわかんないです。
結構大事な設定だと思うんですが、それらしい説明がないんですよねー。最後にエボン=ジュと戦ってもちゃんと「剣や魔法」で戦えるし、あそこで召喚獣を呼んで乗り移らせなきゃいけない理由がわかんないっす。
もし最後のエボン=ジュとの戦闘がなければ「召喚獣に乗り移らせないと、ダメージを与えることができない」とか、もっともらしい理由をつけられるんですけど。

そして祈り子は「全部終わったら、夢見るのをやめる」とはっきりティーダに伝えます。ティーダも覚悟はしてたようで、祈り子をねぎらう言葉をかけます。

ユウナはティーダと祈り子のやりとりを見て「何か」に気づいたようです。
ユウナの問いつめにティーダはごまかしていますが、しっかりバレてます。ティーダもやっぱり「わかりやすい」タイプ(笑)。

祈り子の間から戻って、シェリンダに頼み事。頼んだのは『空飛ぶ船から祈り子の歌が聞こえたら一緒に歌って』とスピラ中に伝えること。
最初は首をかしげていたシェリンダも、『シン』を倒せるかもしれないと聞くと快く引き受けてくれます。こーいう場合、頼んだのが生真面目なタイプの人だと安心できますね(笑)。

ティーダたちは飛空挺へ戻ります。
ユウナとそのガードたちは、今まで聞くことがなかった「『シン』を倒した後の話」をするようになります。

あ、アーロンだけは「終わらせる」話ですね。EDの伏線っす(泣)。
でも「ジェクトを待たせるなよ。あいつ、待つのは苦手だった」には笑った。簡単に「待つのが苦手なジェクト」が想像できて(笑)。

ワッカに話しかけるとちょっとしたイベントがおこります。
ワッカが「何も知らないくせにアルベドを毛嫌いして悪かった」とシドに謝罪します。
シドはあの通りの性格ですから、「気にするんじゃねえ」と豪快に笑います。

美談は美談なんですけど……美談と言うには微妙な気も(笑)。
族長のシドじゃなくてリュックに直接謝るのが筋じゃないんですかねえ。ワッカの「アルベド嫌い」で一番いやな思いしたのはリュックなんだし。

このまますぐ『シン』に向かうことができるんですが、もう少しスピラ中を回るつもりです。
『シン』に行った後はあまり戦闘中にしゃべらなくなっちゃうしね。装備もちょっと不安が残るから、オメガ遺跡にも行ってみようと思います。(完全○○防御とか落とす魔物がいるし)
スポンサーサイト
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. 2005/05/05(木) 15:19:00|
  2. Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋葉原でオフ | HOME | いちご狩り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nog.blog15.fc2.com/tb.php/323-bd00e7fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Profile

このブログへのコメント、トラックバック、リンクはご自由にどうぞ。
ただし、宣伝目的のみであると管理人が判断したコメントや記事と関連がないトラックバックは削除させていただきます。ご了承下さい。


ランキング参加してみました♪


Update news

2008/08/29
FF10ファンサイト

◆Fanfiction
Novel内「もう一人の「彼」 1」
修正&再掲載しました。

2007/01/07
シムピープルサイト

Buyable Skin 更新。

2006/04/01
web素材(FF)

武器のイラストとアイコン。

Entries

Category

Comments

Trackbacks

Monthly

Bookmark(Blog)

◆応援中◆
BearTrack
[BLOG]行くぞ年4回、大好きなニューメキシコ州へ!

Affiliate




ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第2弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ 第2弾
1BOX 2,420円 (税込 送料別)
2008年4月発売予定


ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第1弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ
1BOX 2,335円 (税込 送料別)


ファイナルファンタジー メカニカルアーツ コンチネンタルサーカス 完成品(予約)
FF10の飛空艇フィギュア
この商品のレビュー記事はこちら



プレイアーツアーロン、キター!!
この商品のレビュー記事はこちら
関連記事一覧


ファイナルファンタジーX-2 プレイアーツ no.2 Rikku リュック US版
海外版なら、まだ入手可能。
…って、なにこの14,000円!?
この商品のレビュー記事はこちら

【インディアンジュエリー】

・Four Corners
・SILVER501
・ガウチョ
・サンタフェスタイル
・BLUE CORN
・Country
・ターコイズCOLLECTION
・インディアンジュエリーKC,s
・SUPER SMITH
・H&H TRADING
・インディアンジュエリー ミツボ
・TENORI STONES

【ガムランボール】

・ストラップヤ!
・ANGKASA
・アンジュドール
・ナムチェバザール
・ブルーミンカフェ
・AJARA

BlogPet

Notes

My Livly

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関する著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係ありません。

Search

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。