安茂運営サイトの情報Blog

++[backyard]++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バージ=エボン寺院

ここではジオス=ゲイノとの戦闘から始まります。
ジオス=ゲイノってのは、序盤にティーダがおそわれた水棲の魔物ですね。
水中戦なのでティーダ、ワッカ、リュックで戦闘することになります。

実は一回全滅しました(笑)。ジオス=ゲイノの戦闘パターン忘れてて。
でも、ちゃんと対処すれば大丈夫そうだったので即リトライ。

ジオス=ゲイノは「即死」と「石化」効果のある特殊攻撃をしてきますが、怖いのは「石化」の方。水中戦の「石化」は強制的に戦闘離脱してしまうので。
てことで、少しでも確率を下げるため「石化防御」装備。でもって、攻撃回数を増やすためカウンターつきの武器も装備。

攻撃の要はリュックの「使う」。属性攻撃に弱いので「炎の魔石」なんかだと4500程度のダメージを期待できます。しかも待機時間が「戦う」より短いので、最終的にはワッカの「戦う」よりダメージを与えられる事になります。
リュックを攻撃に回しているので、ティーダがアイテムでの回復役になります。

「吸い込み」をされたときに状態異常をコピーされるので、味方に有利になる補助魔法は使用しません。補助魔法かけなくてもなんとか耐えられるって、全滅した時のバトルでわかったし(^▽^;)。
「吸い込み」されたら「あばれる」で出てくるまで、HP回復したりして待機。キャラを吸い込んだ状態でHPが0になると、9999(固定ダメージ:全体)の「吐き出し」をしてくるので…(汗)。

メンバーの役目を決めたら「戦う」「使う(炎の魔石)」とHP回復&戦闘不能解除のくりかえし。気をつけるべき事に気をつければ、強化してなくても危なげなく勝てます。
戦闘後に宝箱から「ナイト・オブ・タマネギ」入手。使わないけど(笑)。

ジオス=ゲイノが現れたあたりから、水没した祈り子の間へ入れます。

……なんですけど、不思議に思うことが一つ。
ティーダ、ワッカ、リュックはいいとしても、他の連中はどうやってここまで来たんだろう?
確か、祈り子の間に全員いたよーな気がするんですよね。泳ぎが得意な3人に引っ張られて来たんだろうか(笑)。

バージ=エボン寺院にあるのは、シーモアの究極召喚獣アニマの祈り子でシーモアの母君。
Ωの年表によると、3年前にシーモアがザナルカンド遺跡から運んだそうです。あの距離をどーやって運んだのかは謎。

しかし……ジスカル=グアド、とんでもねー場所に妻と息子を追放したもんです。生活のバックアップはしたんでしょうけど、もちっとまともな場所はなかったのかと。
たとえばビサイド島でも良さそうですよね。グアドサラムからかなり離れてるから十分「追放」になるし。

まあ、人が住めるとは思えない廃墟のような場所に追放しなければならない事情があったかもしれませんけどね。シーモア母子の命が一部のグアドに狙われてて、簡単に行けるような場所じゃヤバかったとかね。グアドにとって混血はタブーなんで、「忌むべき者は死を」って考えてるグアドがいてもおかしくないと思う。

それにしても、このシーモアの母君もなんつか……ズレてるというか。
だいたいこの母君本人が「強い力さえあればどうにかなる」って考え方してるんですよね。息子のシーモアが「より強い力を求めるようになった」のもうなずけますよ。閉ざされた空間で母息子二人っきりで生活してたから、「多様な価値観」ってのを知る機会もなかっただろうし。
萩尾望都さん作『Marginal』の最後の方で「選択の余地のない閉鎖空間はそれ自体が病」ってセリフがあるんですけど、仔シーモアの状況はまさにそんな感じだったわけですね。

てことで、父親だけでなく母親からも「息子をよろしく」と頼まれました。
召喚獣アニマ、ゲット。

アニマはシーモアの究極召喚獣ですが、「祈り子との深い絆」がないユウナが使っても究極召喚にならないそうです。

スポンサーサイト
おもしろかったら、ポチっとしてね♪
  1. 2005/05/10(火) 08:36:00|
  2. Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FF10日記番外(七曜の武器) | HOME | また故人や(笑)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nog.blog15.fc2.com/tb.php/327-1df02e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |

Profile

このブログへのコメント、トラックバック、リンクはご自由にどうぞ。
ただし、宣伝目的のみであると管理人が判断したコメントや記事と関連がないトラックバックは削除させていただきます。ご了承下さい。


ランキング参加してみました♪


Update news

2008/08/29
FF10ファンサイト

◆Fanfiction
Novel内「もう一人の「彼」 1」
修正&再掲載しました。

2007/01/07
シムピープルサイト

Buyable Skin 更新。

2006/04/01
web素材(FF)

武器のイラストとアイコン。

Entries

Category

Comments

Trackbacks

Monthly

Bookmark(Blog)

◆応援中◆
BearTrack
[BLOG]行くぞ年4回、大好きなニューメキシコ州へ!

Affiliate




ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第2弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ 第2弾
1BOX 2,420円 (税込 送料別)
2008年4月発売予定


ファイナルファンタジー トレーディングアーツ ミニ 第1弾 BOX
FF トレーディングアーツミニ
1BOX 2,335円 (税込 送料別)


ファイナルファンタジー メカニカルアーツ コンチネンタルサーカス 完成品(予約)
FF10の飛空艇フィギュア
この商品のレビュー記事はこちら



プレイアーツアーロン、キター!!
この商品のレビュー記事はこちら
関連記事一覧


ファイナルファンタジーX-2 プレイアーツ no.2 Rikku リュック US版
海外版なら、まだ入手可能。
…って、なにこの14,000円!?
この商品のレビュー記事はこちら

【インディアンジュエリー】

・Four Corners
・SILVER501
・ガウチョ
・サンタフェスタイル
・BLUE CORN
・Country
・ターコイズCOLLECTION
・インディアンジュエリーKC,s
・SUPER SMITH
・H&H TRADING
・インディアンジュエリー ミツボ
・TENORI STONES

【ガムランボール】

・ストラップヤ!
・ANGKASA
・アンジュドール
・ナムチェバザール
・ブルーミンカフェ
・AJARA

BlogPet

Notes

My Livly

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関する著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係ありません。

Search

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。